Re*Qの活動その1*大規模イベントの開催

▼オシャレな南大阪と言われるためにすること≒大規模イベントの開催

南大阪最大規模の雑貨イベント

 

 風に紅葉が揺れ、黄金色の木洩れ日が祭りを彩ります。

 『フリーフェスティバル2(Free Festival Re*Q in Harvest)』(FF2)は、堺市南部の自然豊かな農業公園『ハーベストの丘』が会場です。

 2013年5月に開催された『フリーフェスティバル』から半年。準備に時間をかけ見所も新たな『FF2』の様子を、はりきってレポートしましょう!!

 

南大阪最大規模の雑貨イベント・クラフト市

 

■風に笑い声が運ばれて

 泉ヶ丘の西原公園で馴染みの『ジャンボ迷路』が登場と聞きつけ、まずは芝生広場へ突撃します。

 

 そこにあったのは、杭とひもを張り巡らせた『ジャンボ迷路ミニ』! 大きいのか小さいのかどっちなんだよっ! と突っ込むとすでに子供たちが挑んでいます。ここは軽く突破して大人の実力を見せてやる! と勇んで迷路に踏み込んだのですが……あれれ? 道の先が見通せるはずなのに、いつのまにか袋小路に居たり、思わぬ場所に誘導されたり一筋縄ではいきません。ゴールにたどり着いた時には、子供たちはとっくにクリアしていました。

「先が見えているだけに意外に難しいでしょ」とスタッフのお言葉。

 ゴールの向こうでは、玉入れやスマートボールで賞品を狙う子供たちのはしゃぎ声があがっていました。

 南大阪最大規模のイベント・クラフト市・手作り市

 

 

 ブースの方も覗いてみましょう。

 新たにRe*Qメンバーに加わった『ECRU+(エクリュプラス)』さんは、羽曳野市で4月にオープンした、玄米ご飯や有機野菜のランチが人気のカフェ。授乳室もありお子様連れもくつろげるお店です。

南大阪最大規模の雑貨イベント・クラフト市・手作り市・マルシェ

オーナーのよしかわさんはパティシエで、マフィンは地元の農家が栽培した果物を使っています。ナシやイチジクのジャムも瑞々しくどこか不思議な食感でした。

 

 北野田の『ka-kuncafe(カークンカフェ)』さんも新たなRe*Q仲間。キリンをテーマにした(多分)他にないカフェです。

南大阪最大規模クラフト市・手作り市・マルシェ

オリジナルのキリングッズを販売し、キリンラブは半端じゃありません。ブースではキリンのぬいぐるみに、子供も大人もまたがって楽しんでいました。

 

 おしゃれな『choko.のアトリエ』さんは、コットンパールのネックレス

南大阪最大規模のマルシェ

『yukiasobi』が冬の目玉商品。

「冬のパーティーにつけていけるように、ドレッシーなアクセサリーにしてみました」

 野外はやや肌寒く、お隣の赤い柚子胡椒の『ゆずからりん』さんと『深井珈琲』さんのスペシャルティコーヒーをテイクアウト中。

 FF初出展の『ゆずからりん』安澤さんは、雰囲気がすっかり気に入りました。

「私たちは場違いかな? なんてくる前は思っていたんですけれど、みんな気軽に遊んでいてなんだか楽しいですね」

 緑の風景の中、自然の風に乗って音楽も流れてきます。

 

 

■音楽を運ぶ風

 

南大阪最大規模

 ベンチで休憩する人たちの耳を潤したのはジャズのスタンダードナンバーでした。芝生広場で行われた前回と違い、マーチ広場のブース間近なステージです。

 ウッドベースの竹内浩之さんと、ジャズギターの田中賢一郎さんのデュオは、一緒に演奏したのは夏の堺東でのイベントが一度っきりで事前練習もなし、ステージ上で曲目を決めながら進めていっているのだとか。

「ジャズはそういうものですから」

 と飄々とした様子も格好いいですね!

 しかし堺在住の竹内さんは、ちょっと表情を曇らせます。

「堺にはジャズ専門のライブハウスがもうなくて残念に思っているんです」

 ジャズにあう素敵な会場を堺でご存じの方、ぜひご一報を~。

 

 つづいては、口笛奏者の儀間太久実さん。

南大阪最大規模の雑貨イベント・クラフト市・手作り市・マルシェのリキュー

この名前に心当たりのある人もいるでしょう。儀間さんは、アメリカの世界大会で見事優勝した口笛世界チャンピオンなのです。お馴染みの有名曲などで、時に子供たちを踊らせ、時にしっとりと聞かせます。

「野外で演奏しても町中や学校の校庭とかで、こんな素敵なロケーションで演奏したのは初めてです。音の響きと環境が丁度合いましたね」

 

「アースデイのような雰囲気で気持ちよく、お客さんも暖かかった」

 とは、翌日に登場したアフリカの太鼓・ジャンベ演奏の244GROOVEさん。

南大阪最大規模の雑貨イベント・ハーベストの丘・リキュー

演奏後のステージでは、太鼓に子供らが集まりちょっとしたワークショップになりました。

 

 

 ステージ近くには和装の男性。お客様からインスピレーションを得て書をしたためる『光の書家』純さんです。

「その人の目をじっと見て書くこともあれば、何かふわっと降りてきて書くこともあります。書いている時の僕は『無』なんで、意味はわかってないんですよ」

 しかし、書き上げた書を見てお客様は「なるほど」と納得されることが多いのだとか。

 

 

 

■ハンドメイドを自ら楽しもう

 自分もハンドメイドに触れてみたい方におすすめは、雑貨屋『アジュカジュ』で開催されるアジュカジュスクールの先生たちのブース。

 

 子供でも参加できるスイーツデコのワークショップが盛況なのは、『Cherry&Berry』の吉岡さん。

 

「子供だけでなく大人が身につけることもできるキーホルダーやバックチャームも作れるんですよ」

 吉岡さんが素材探しをするのは、ホームセンターや100円ショップ。ちょっとしたアイディアで創作が楽しめるんですね。

 

 アンティークテイストの空気が漂うのは、木工の『The Giving Tree』の三枝さんとステンドグラスの『MAHANA angel』の太田さんの共同ブース。

「え、これが1時間でできるんですか!?」と驚くような作品をワークショップで手がけることができます。

 展示には一週間以上かかった大作もあり、奥深い世界です。

 

 奈良の『こめがま』さんは、水玉模様の器やカラフルな器が人気でした。

南大阪最大規模のリキューのオシャレなイベント

木枠のディスプレイから覗く、自然の風景になじむのも土のぬくもりからでしょうか。陶器作りのアジュカジュスクールは月1回のペースで開催中。

 

 いずれも興味のある方は『アジュカジュ』までご連絡を~

 

 

 

■工夫もあれこれブースの秘策に迫る!

 スペースも在庫も限られたイベント出展では、商品のラインナップやディスプレイは工夫のしどころ。どんな秘策があるのかこっそり伺いましたよ~。

 

 堺区山之口商店街の紙雑貨のカフェ『紙cafe produced by tour de sakai』さんはオリジナル新商品を前面に。ながたさわこさんデザインの子供も大人も魅了する「ぱんだこふん」シリーズです。カフェをプロデュースする『つーる・ど・堺』の田中さんは地域性も考慮しています。

「堺区や西区では堺にちなんだ柄のものがよく売れますね。『ハーベストの丘』はまだお子さんの小さい若い家族連れが目立つので、その層に合わせたアイテムを揃えたいですね」

 

 12月を目前にクリスマス商品を前面に出した北区黒土町の『dot.+FLOWERS』さんは、オーナメントが注目を集めたそうです。

「前回はあれもこれも商品を持ってきたんですけれど、今回はクリスマスに狙いを定めてコンパクトに持ってきて正解でした」

 

 イベント自体が初出展だという手作り陶器の『ATLIER Peu a Peu(アトリエプアプア)』さんは、スープ皿があっという間に品薄に。

「作っておいた方がいいとアドバイスされたピンバッチもほとんど売れてしまいました」

 主力商品以外に気軽な価格帯の手頃な商品があるのもいいですね。

 

 堺東の『Le cafe de soeurs』さんは、フリーフェスティバルのオンリー商品を用意。特製のカレーパンを限定販売していました。この場でしか手に入らないというお得感が嬉しいですね。

 

 

 

 寒い季節だからと、ブーツ類を揃えたのは松原市の『zakka屋door』さんには、絶えず人だかりができていました。

「お客さんの反応がいいですね。イベントの認知度が浸透してきてお客様もわかってやってこられている感じです」

 

 主催の2階建ての雑貨屋さん『Ajukaju』の松本達洋さんは、事故なく2日間のイベントが済んだことにほっとしてました。

 

「前回よりブースの数は少し減らしましたけれど、ゆったりとしたレイアウトになって、丁度いい感じになりました。お客様も落ち着いてブースを回ることができて、客足が良くなったブースもでましたので

 

 

 この時期のイベントとしては異例の8000人を集客したFF2、当然のようにFF3の開催も2014年5月に決定。南大阪の定番イベントとしての歩みは始まったばかりですね。

 

 

フリーフェスティバル2 レポート フリーライター 渕上哲也

 

 

 

 

★備考★2014年開催のFF3ではついに来園者数10,000人超えを達成。

 

今後は堺市での数カ所のイベントを開催し、富田林市、河内長野市、和泉市、泉州地区、と

南大阪でオシャレなイベントと言えばRe*Q(リキュー)

と言われるように向上していく予定です。

 

▼ 現在、出店応募中のRe*Qのイベント。出展者の一覧はこちらでチェックください。

http://ajukaju.net/

 

 

 

 

 

 Re*Qでは、南大阪を盛り上げるお手伝いをしてくださるスタッフさんを募集しております♪

ご興味ございましたら、ぜひ、ご一報くださいませ~
http://minamiosaka-shop.com/free/staffoooo